『だれでもモテる心理効果』人間関係もうまくいく!?ラポールとは

SPONSORED LINK

はじめに

みなさんこんばんは。月がきれいですね。

この記事では、モテるための心理効果をご紹介します。
僕たち人間は誰しもモテたいものです。

イケメンなら、可愛ければ、髪型は?服は?話題はどうしよう?
多くの悩みを抱えているあなたも大丈夫!
モテるには心理を理解することが何より近道です。

今回のテーマは『ラポール』です。

ラポールとは

ラポールとは、親密な関係を意味する言葉でフランス語からきています。

カウンセラーと患者とのとの間の心的状態を表す言葉で、
相互を信頼し合い、安心して自由に振る舞ったり感情の交流を行える関係が成立している状態を言います。

モテるためにもまずは『ラポールを形成する』ことが必要です。

カウンセリングの現場で磨かれてきた、人の心を開かせる手法があります。
それはモテるのみならず、教育、医療、さらには販売などの分野で対人関係の恩恵を与えてくれます。

具体的にはどうするの?

最も簡単で効果的な方法は『ミラーリング』です。

ミラーリングとは相手の動作をまねることです。
指を組む、飲み物を飲むなど相手と同じ動作をするだけでOKです。

親密な関係にある人どうしは自然にミラーリングしています。
初対面の人とも意識的にミラーリングすることで早くラポールを形成できるというわけです。

もともと無意識に行われるものなので、大げさにまねる必要はありません。

まねている事がバレたら不快に思われるのでは?と不安になる人もいるでしょうが、
ある研究では、まねている事が知られても親近感が増したとされています。

もっとレベルアップするには

動作が自然に行えるようになったら、会話にも目を向けてみましょう。

相手の立場に立って相手の感情に共感する『エモーショナルミラーリング』をすることで、更にラポールの形成を早めます。

自分と違う意見が出ると「いや、私は~」と言ってしまう人も多いかと思いますが、
重大な契約事項でもない限り、細かなところを訂正する必要はありません。
(ちなみに僕はこのタイプでした)

仮に違う意見を出す場合も「いいね、」から回答を始めると良いでしょう。

まずは相手に同調することです。
相づちやうなずき、そして同意をすることで相手に気持ちよく話してもらいましょう。
声のトーンやペースも合わせると更に効果アップです。

まとめ

『ラポール』と『ミラーリング』いかがだったでしょうか。

モテる心理効果という切り口で見てきましたが、多くの場面で使える技術です。
人間関係に悩む人が多い現代社会で、少しでも心地よい関係が築けるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です