怪しいレビューを見抜け!3つのポイントでもう騙されない!

SPONSORED LINK

怪しいレビュー多くない!?

皆さんこんにちは。

忘年会、クリスマスプレゼント、新年の準備などなど。忙しい季節がやってきました。

お店選びや、ネットショッピング。評価やレビューはとても役に立ちますよね。

……でも、「高評価なのにしょぼい」とか「レビューに騙された」なんて声もちらほら。

表面上制限されていますが、お店側が書き込んでいたり、レビューの書き手に依頼したりということもあります。

そんな怪しいレビューは、レビュアー(レビューを書いた人)という視点で見ると簡単にわかります。
3つのポイントで分析してみましょう。

レビュアーを探ろう

ほとんどのサイトでは、レビューした人の名前がをクリックすると
その人ごとの書き込みが見られます。

レビューがたくさんあって困る場合は、少しだけ選んでみてみましょう。

僕の経験から、怪しいレビュー率が高いのは……

・高評価の中で一番古い記事。
・レビュアーの名前が人名(いそうでいないぐらいの名前)。
・評価点だけでレビューなし。

といったところです。

1.どのぐらいレビューしてる人?

レビューを書いてるの数は、多いほど信用できます。

もしお店側が評価を操作しようとする場合、
そのためのアカウント(いわゆる捨てアカ)を作り、レビューを書き込んでいく場合がほとんどです。

捨てアカは目的以外には使われないため、その後操作されないです。

レビューが1つだけや、1日しか操作されてなかったりと一目で分かります。

たまに”同じメーカー”だけ書いてるのもいますが、それも一目で分かります。

特に≪評価点だけでレビューが書かれていない≫ものは、いくつか開いてみましょう。
捨てアカ率が高いならかなり怪しいです。

2.どんなレビューをしてるの?

高評価ばかりしている人は要注意。

とはいえ、良いことだけを伝えたい人だっています。

レビューの中身、文章を見てみましょう。

・広告にありそうな煽り文句だけ(人気があって~、友達が使っていて~など)
・なんにでも当てはまる文
・名詞だけ変えて成り立つ文

これだけで怪しい認定はできませんが、
決まり切った文章を使いまわすことは、簡単なプログラムでもできます。

良いレビューかどうかは、
具体的な内容≫が書かれているかをチェックしましょう。

AIがもてはやされる昨今ですが、本当に的確な文章はAIにも難しいです。

良いレビューを良い文章で書いてる人がいたら、フォローしたくなりますよね。

3.なんのレビューをしてるの?

ここまでで、「調べるのってちょいめんどい」と思われた方に朗報なのがこれ。

好みの合うレビュアーさんを見つけること。です。

どんな商品(あるいはお店)をレビューしているのか見てみましょう。

自分の知りたい情報をズバリ書いてくれる人っていますよね。

良いレビュアーさんをフォローすれば、怪しいレビューに悩まずに済みます。

しかも好みの合う情報を見つけてくれることも多数。

最後に

探してみると、怪しいレビューは結構出てきます。

その一方で良いレビュアーさんも結構います。

レビュアーさんは時間を使って情報を教えてくれます。

良い情報にはフォローやいいねを忘れずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です