プロスペクト理論 感情で見る損失-ヤバいは2倍!?『忙しい人のための行動経済学』

SPONSORED LINK

プロスペクト理論とは

人は利益より損失を大きく見積もること。

プロスペクト理論の具体例

いきなりですが、問題です。
以下の2択から選ぶならどちらでしょうか。

  1. 無条件に100ドルもらえる。
  2. 50%の確率で200ドルもらえるが、50%の確率で全くもらえない。

期待値は同じ100ドルなのに、1.を選ぶ人が多いのではないでしょうか。
せっかくのチャンスにお金がもらえなかったらショックですからね。

次の選択肢を見てみましょう。

  1. 無条件に100ドル失う。
  2. 50%の確率で200ドル失うが、50%の確率でお金を失わなくて済む。

今度は2.を選ぶ人が多くなります。
無条件に100ドル失うのは辛いので、お金を失わなくて済む方に賭けたくなります。

人は得したことによる快楽よりも損失によるダメージを大きく見積もります。
200ドル前後だと、心理的ダメージは2倍にも達します。

損失を大きく見積もって、それを避けようとすることを『損失回避』と言います。

従来の経済学では、損も得も同じように見られていました。
プロスペクト理論は損失回避という考え方で、これに一石を投じたのです。

もっと詳しくプロスペクト理論

参照点とは

プロスペクト理論の主な特徴として『参照点』があります。
参照点とは、基準となる前提条件のことです。

例えば、『100ドルもらえる』場合でも、
200ドルもらえる予定が100ドルになった』のなら、損したと感じるはずです。

従来の経済学では、富の状態(つまり財産)を基準としていました。
しかし、基準となるものは、その時々で変わってしまうのです。

感応度逓減性とは

『感応度逓減性』とは、大きな金額を扱うときに小さな金額に対する感覚が弱くなることです。

例えば、『100ドル持っている人が100ドルもらう』場合と、
『1万ドル持っている人が100ドルもらう』場合とでは嬉しさが違います。

感応度逓減性については次のような例でよく説明されています。
卵が1パック20円安くなっていたら、少し遠いスーパーでも買いに行きますが、
液晶テレビが20円安くなっていても、少し遠い家電屋には行かないものです。

プロスペクト理論の応用

人は損失を大きく見積もってしまうことを知っていると、様々なものが見えてきます。

例えば株価です。
時に少しの悪いニュースでも、株価は大きく下がることが知られています。

投資家としては悪い事態を想定して損失回避、つまり株を売るのですが、
多くの投資家が同じように売るので、株価は大きく下がるのです。

もちろん、その後回復することもあれば、本当に悪い事態になることもあります。
投資は自己責任でほどほどに。

人生には様々なチャンスがありますが、その多くはお金や時間というリスクを含みます。

プロスペクト理論を知っていれば、『自分は過剰にリスクを回避しようとしていないか』と
冷静にリスクについて考える時間が持てます。

プロスペクト理論、いかがだったでしょうか。

プロスペクト理論は、行動経済学でノーベル経済学賞を受賞した
ダニエル・カーネマン氏の主な研究テーマでもあります。
カーネマン氏は、この理論が完璧ではないことも伝えています。

特に後悔を加味できていないことが完璧ではない理由とのこと。
行動経済学は、まだ若い学問なので今後の研究が待たれるところです。

次回はもっと実践的な認知バイアスについてご紹介する予定です。お楽しみに!

9 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です